「なぜ日本酒でしゃぶしゃぶするんですか?」それは…旨み成分の三重奏!? 2018.10.28

 

sakeba赤坂名物の日本酒しゃぶしゃぶ。

お客様からよく聞かれるのが「なぜ、日本酒でしゃぶしゃぶするんですか?」ということです。
日本酒でするしゃぶしゃぶは通常のお出汁のしゃぶしゃぶと何が違うか、皆さんが疑問に思われることと思います。

簡潔に表現すると「日本酒がお肉の旨みを引き出してくれます。」
これは、煮物などに調理酒を使うのと同じ原理です。

 

日本酒自体にはたくさんの旨み成分である「アミノ酸」が多く含まれているといいます。

この日本酒をベースにした出汁を沸騰させて火をつけてアルコールを飛ばすことによって、
濃厚なアミノ酸汁が完成します。
そして、当店ではそのアミノ酸汁を昆布の出汁汁で割ります。

そうすることで、アミノ酸と昆布の旨み成分「グルタミン酸」のダブルの旨みの詰まった出汁を作り上げます。

そうすることによって、しゃぶしゃぶのお出汁にくぐらせた食材たちは、それぞれの旨みを最大限に高められます。

 

 

また、召し上がっていただくときには、かつおダシをベースにしただし汁で召し上がっていただきます。かつおには「イノシン酸」が多く含まれていますので、旨み成分の三重奏が口の中で繰り広げられます。

 

この旨み成分を纏った霧島豚のお肉はもはや至高の逸品です。

ぜひ、日本酒しゃぶしゃぶを召し上がってみてください。

sakeba赤坂店限定のメニューですので、
ぜひご予約の上、ご来店ください。

ご予約はこちらから▶︎